セキュリティニュース

USBメモリ経由で感染するW32/Autorunによりウイルス感染率が6年ぶりに上昇

2009年5月20日 15:38 | コメント(0)
IPAの「2008年 国内における情報セキュリティ事象被害状況調査」報告書より。


⇒ 「2008年 国内における情報セキュリティ事象被害状況調査」報告書を公開 【IPA】


今後も、USBメモリ経由で感染するタイプのウイルスは増えていくでしょう。
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

Windows Vista SP2を公開
マイクロソフトがWindows Vista SP2を公開しました。SP2をインストールすれば、SP1公開後の修正プログラムも適用されます。
USBメモリ経由で感染するW32/Autorunによりウイルス感染率が6年ぶりに上昇
USBメモリ経由で感染するW32/Autorunによりウイルス感染率が6年ぶりに上昇。
USBメモリの自動実行無効の呼びかけ
IPAからUSBメモリの自動実行無効の呼びかけ。自動実行を悪用したマルウェアは今後も増える傾向だと思うため無効にすることをお薦めします。
PS3でインターネットを安全に使えるトレンドマイクロのセキュリティ対策サービス
トレンドマイクロがプレイステーション3(PS3)でインターネットを安全に使えるWebセキュリティ対策サービスを5月11日から提供開始。
トレンドマイクロがPSP向けにWebセキュリティサービスを無償提供開始
トレンドマイクロがPSP向けにWebセキュリティサービスの無償提供を開始しました。 このサービスを使うことで有害サイトの閲覧を防止することができます。
金銭を支払うよう脅迫するウイルス「ランサムウエア」に注意!!
金銭を支払うよう脅迫するウイルス「ランサムウエア」に注意。ウイルスに感染した場合、要求に従わないように注意してください。
2009年4月のMicrosoft修正プログラムは深刻度「緊急」が5件も
2009 年 4 月のMicrosoft修正プログラムは深刻度「緊急」が5件もあります。Windows Updateを使い出来るだけ早く修正プログラムを適用しましょう。
請求書を使った覚えやすいパスワードの作り方
住所を活用した強力なパスワードの作り方。請求書やGoogle検索で取得した住所でも複雑なパスワードを作成できます
セキュリティの基礎を会話形式で学べる新連載の紹介
ITmediaでセキュリティの基礎を会話形式で学べる新連載を開始
年1回起きるかどうかのことに、1000万円のセキュリティ投資ができるか?
1年に1回起きるかどうかのセキュリティ上の問題に、1000万円のセキュリティ投資をやるべきか?

コメントする