インピーダンス計測システムの導入効果を紹介します。

システム開発会社 光システム ホーム >  システム導入効果 > インピーダンス計測システム

インピーダンス計測システムの導入効果

供試体のインピーダンスを計測する試験システムです。100ミリ秒周期で計測値を収集することが可能です。

インピーダンスアナライザ付属のソフトでは実現できない機能を実装し、ユーザビリティを向上させました。

計測値のグラフ表示や瞬時値表示の機能を組み込み、視覚的な分析を可能にしました。

システム導入前の課題

  • 計測開始・終了など、上位の設備側とパッケージソフトの両方に同じ指示を出す必要があり、作業効率が悪い
  • 設備側で異常が発生しても、作業者がパッケージソフトから計測停止の指示を出さない限り、供試体への重畳信号の供給、計測が継続したままの状態になってしまう。
  • パッケージソフトでは、供試体の情報(名称・サイズ等)を計測データに付加することができない。
    そのため、供試体の情報と計測データを別々のファイルに保存することになり、データの管理が煩雑になる。

システム導入後の効果

  • 上位の設備側と連携し、インピーダンスアナライザへの計測開始・計測終了の指示、供試体への重畳信号の出力オン/オフを自動的に行なう機能を実装することにより、設備側のみの操作で試験が行えるようになりました。
  • インピーダンス計測値と供試体情報などのデータを1つのファイルに出力させる機能を組み込むことで、試験データの一元管理が可能になりました。
  • インピーダンス計測値のグラフ表示や瞬時値表示の機能を実装することにより、パッケージソフトを併用することなく、データを視覚的に分析することが可能になりました。
052-562-1456
担当:石田、薬師寺

こんな悩みはありませんか?

・ 今のシステムの使い勝手が悪い
・ 今のシステムに機能を追加したい
・ 特殊な業種だけどシステム化は可能?

これらは、私達がこれまでに解決してきたお客様の悩みです。
大丈夫です。お客様の悩みは私たちが解決します!

メールでのお問い合わせは24時間年中無休で受付けています。 平日17:00以降にいただいたお問い合わせについては、翌営業日以降に順次ご返答させていただきます。

お問い合わせ

担当:石田、薬師寺

052-562-1456
(受付時間:平日9:00〜17:30)
こんな悩みはありませんか?

・今のシステムの使い勝手が悪い
・今のシステムに機能を追加したい
・特殊な業種だけどシステム化は可能?

これらは、私達がこれまでに解決してきたお客様の悩みです。
大丈夫です。お客様の悩みは私たちが解決します!

⇒悩みを解決されたお客様から喜びの声をいただきました!